自律神経機能検査・治療


「何となく調子が悪い……」
「辛いのに病院では異常なしと言われる」

こんなことが続く時は自然治癒力を左右する「自律神経」の状態をチェックしてみませんか?
当院では地域でも数少ない「自律神経機能検査」を行えます。

最近寝つきや寝起きが悪い、頭痛、肩こり、めまい、だるさ、倦怠感、やる気が出ない、食欲過多、食欲不振などに悩んでいる方。
それは、「自律神経失調症」です!
よく「自律神経が乱れている」「自律神経のバランスが崩れている」という言葉を聞いたことがあると思います。
そもそもどう乱れているのか?いつ整ったのか?
今のあなたの状態を感覚ではなく、目で見て確認できるのが当院の自律神経機能検査です。
自律神経のバランスを確認し、適切な治療をすれば薬に頼らず症状を改善することができます!

自律神経って何?

自律神経とは「自分の意思とは関係なく無意識、自動的に生命に欠かせない身体の機能を調節して、ヒトの生命活動を維持」しているものです。
自律神経には相反する働きをもった「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。
「交感神経」は「活動する神経」、「副交感神経」は「休息する神経」。
この二つの調節が上手くいかないと、身体にいろいろな不調が現れます。
以下に起こる主な症状を挙げてみます。

○頭痛、頭重感
○耳鳴り、めまい
○味覚異常、口の渇き
○のどの異物感・イガイガ感
○動悸、胸部圧迫感、立ちくらみ、血圧の変動
○息苦しい、息がつまる、息切れ
○吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる
○手足のシビレ、冷え
○汗が出ない、多汗、冷や汗、皮膚の乾燥
○頻尿、残尿感
○インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順
○肩こり、筋肉の痛み、力が入らない、関節の痛み
○冷え、のぼせ、倦怠感、疲れやすい、微熱、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい
○不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、やる気が出ない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

これらの症状が強くなると「慢性疲労症候群」といい、「だるくて動くにも動けない」というようになります。
重症な場合は、年単位にて入院して治療を継続しているケースも。
当院では、より自律神経に効果的な治療方法を用いて、身体の状態を改善していきます。
その結果がどう現れているのかも、検査を再度行うことで確認していきます。


自律神経機能検査

自律神経機能検査では、以下のことを把握するために行います。
○自律神経バランス(交感神経、副交感神経の状態)
○免疫力(ストレス抵抗力)
○ストレス分析(肉体的疲労度、精神的ストレス)
○その他

検査方法Ⅰ

指先に心拍数のセンサーを付け、そのまま5分間横になっているだけです。

検査方法Ⅱ

結果を説明致します。

自律神経機能検査の正常像・・・横軸:交感神経、縦軸:副交感神経
が中央の青いゾーンに近いほどバランスがとれている理想的な状態で、ストレスが慢性化するほど下方向へ下がっていきます。

自律神経機能検査での、交感神経機能低下像(急性の疲労によるもの)

料金

※当院の自律神経機能検査は、上の写真のように指先にて心拍数を5分間測定するもので、患者様にご負担なくお受けいただけます。
※定期的に治療の効果をみたり、または健康・メンタル的なリスク管理のために、バランスの悪い方で1ヶ月に一度、正常な方でも3ヶ月に1度のチェックをお勧め致します。


自律神経治療

自律神経失調の治療について、重要なポイントは、「いかにストレスを減らすか」ということです。
「ストレス」というと、精神的ストレス(日頃、イヤだな‥と感じること)を思い浮かべますが、それだけではないのです。
例えば姿勢が悪かったりすると、筋肉や骨格、内臓にも負担がかかります。
これもストレスです。
薬を飲み続けたり、食品添加物を摂取し続けたりすると、これも身体に対して負担をかけていることになります。
また天気、気候なども同じです。
ストレスというものは、これらの総和であると言えるのです。
よってストレスとは今に始まったものではなく、今までアナタが生きてきた中で蓄積されたものです。
ということは、ストレスをとっていくには、何がストレスになっているかそれを自覚して、1つずつ改善していく必要があるのです。
正直それ相応の期間が必要となります。
ただ、「治す」と心に決めて施術をされた方は、たいてい改善しております。
当院では、自律神経治療としまして、以下のものをメインに行っていきます。

自律神経の治療Ⅰ

多くの交感神経が走る腹腔神経叢、血流促進のために足背動脈を温めることで自律神経を調整します。

自律神経の治療Ⅱ

施術(特に背部、頚部への施術が有効です)

料金